高校受験に対する考え方とは

 

長女は中学校内では学力が高い方で、ありがたいことに周りの人に羨ましがられることがあります。
それはそれで嬉しいのですが、いろいろと考える中で“受験”に対しての取り組み方って、学力は関係ないと思います。
受験する学年になると、確かに受験生となり何度も何度も模試などを受けて自分の学力と向き合うことが多くなります。
学校でもたくさんの面談を重ねて志望校を決めることになりますので、自分の実力がどの程度のレベルにあるのか思い知らされます。

ただ、そこからが本当の受験の始まりではないでしょうか。
大体の人は自分が志望する高校を決めてからレベルを見るということは少なく、自分の学力レベルを知ってから手の届きそうな学校を志望校の選択肢に上げていき、見学などを重ねながら、志望校を決定することがほとんどです。
ですので、ほとんどの人があと少し頑張れば受かるかもしれないという学校を志望校にするため、みんな今より学力を上げなくてはいけないし、まったく手の届かないところを受けることはないし、余裕過ぎるところを受ける人も少ないため、「みんなが落ちるかもしれない」という気持ちの中で受験シーズンを迎えるのです。
受験で余裕で受かるなどという天才児も中にはいるのでしょうけれど…羨ましいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket